「高いお金を出して買ったのに、あまり聞こえない」

「期待して購入したが、思いのほか聞きにくい」

「耳につけるのが わずらわしくて あまりつけていない」

こんな ことはございませんでしょうか?

京丹後市 2店舗(網野・大宮) 与謝野町 2店舗(加悦・岩滝) 豊岡市 1店舗(出石) 全部で 5店舗 

「近くて 親切で 安心な メガネ・補聴器専門店 アイ」 からのお知らせです。

実は、当店でも このようなことをおっしゃるお客様は案外多いのです。

「メガネは 掛けたすぐから見えるのに、補聴器はなぜ聞こえにくいの?」

それは 見えにくい原因と、聞こえにくい原因では 大きな差があるからなのです。

近視や遠視や乱視、また老眼などで 視力が悪いという原因は、角膜(黒目)を通過した光(映像)の ピントが合っていないからなのです。

メガネ(レンズ)の役目は ピントが合っていない光を レンズの力を借りて、強制的にピントを合わすという、物理の仕組みを利用したものなのです。眼に何らかの異常が無く、単なる「屈折異常」のときは、メガネさえあればほとんどの場合、視力回復が可能です。

ところが、難聴の原因は、個人差によるところが非常に多く、加齢によるものはもちろん、耳あか詰まりや外耳道炎、鼓膜損傷や中耳炎、メニエール病や薬の副作用など、ほかにもたくさんの原因があります。これだけ原因が多いと、メガネのように「音を大きくすれば聞こえる」という物理的な解決方法ができません。

https://www.resound.com/ja-jp/hearing-loss/understanding/causes

ここが補聴器の効果が顕著でない理由があるのです。

しかし、あきらめないでください。

あなたの聞こえに合わせて正しく調整された補聴器で、しっかりトレーニングを続けることで、少しずつ聞こえの改善ができてきます。言わば 聞こえのリハビリを継続する ということです。

当社は そのリハビリがうまくできるように スタッフ一同 お客様に寄り添いながら真摯に取り組んでいます。

当店で購入されたお客様はもちろん、補聴器を検討されている方、他店で購入された方、相談だけでも結構ですので、ぜひ お近くの補聴器センター アイ に お越しください。

「ブログを見た」と言っていただくと、受付がスムーズです。