メガネのアイ メガネ・補聴器の専門店・販売・修理・選び方のご相談 与謝野町・京丹後市・出石

補聴器お渡しまでの流れ

ご相談からお渡しまでの流れ

nagare

ちょっと大変そうに感じますが、長いパートナーとなる補聴器は、時間をかけてきめ細かく選んでいきましょう。

補聴器は購入後もメンテナンスが必要です。信頼できる、通いやすい店舗(お住まいからなるべく近く)がベストです。

1.カウンセリング

1hocho

現在の聴こえの状況やライフスタイル、お仕事の環境などをお話しください。

疑問やご不安なことがあれば、なんでもお気軽に。 認定補聴器技能者もしくはトレーニングを受け専門的な知識をもったスタッフが担当致します。

2.聴力の測定

2choryoku

下記の「聞こえのチェックシート」を使って、聞こえの状況を確認してみましょう。

聞こえのチェックシート

そうだ…5点 そうかもしれない…3点 ない…1点

お近くの「補聴器センターアイ」各店で【聴こえ】についてご相談ください。

ご家族の勧めでご来店される場合、ご本人にとっては補聴器なんて煩わしいと感じることも多いものです。まずは無料聴力測定で、今の聴こえの状態をチェックされてはいかがでしょうか? ご自分の状況を理解できると、ご本人も周りも対応がしやすいものです。

3.補聴器を選ぶ

3select

聞こえの状態や使用環境、ご予算に合わせて補聴器を選択、実際に装着していただきます。

4.フィッティング

4fit

補聴器を、お客様の聞こえに合わせて、コンピュータによって音質・音域・ボリュームなどを調整(フィッティング)します。

5.試聴

5shicho

店頭での試聴だけでなく、ご自宅や職場、街中など普段の生活のなかで補聴器をお試しいただき、聞こえの効果を ご体験いただけます。補聴器が初めての方は、ぜひご利用ください。(無料で最長2週間)

6.ご購入

6konyu

試聴で納得いただけたらご購入となります。(補聴器センター アイは、強引な勧誘は決していたしません)

7.アフターフォロー

7follow

補聴器で一番大切なことになります。補聴器センター アイ では ご購入後の点検・調整・清掃などいつでもしっかりとおこないます。

日本人の年齢別による聴力低下(聴覚検査法により)

chouryokunenrei

ご年配の方は高い音が聞き取りにくい傾向がある

聴力には個人差がありますが、気付かないうちに年とともに衰えていくものです。下の図は50代から徐々に聴力が低下していることを表したグラフです。特に1000Hz以上の音から高域になるほど、年とともに低下が著しくなります。

高い音域が聴き取りにくいので、お姑さんが子供(お孫さん)や女性(お嫁さん)の問いかけだけを無視する、なんていう誤解が多いのもこういう背景があるのです。

お問い合わせはお気軽に! お問い合わせはこちら 電話受付時間 10:00~19:00

Copyright © 株式会社アイ All Rights Reserved.